• フリーランスに必要な

    フリーランスは、特定の企業に属さず自らの才覚と技能を提供することで報酬を得る人のことであります。

    フリーランスになる本来の利点としてあげられる点は以下の通りです。1専門職で報酬が高いです2再就職をめざすにあたって自分が向いているかを見極められる3自分で仕事が選べます。



    海外では、フリーランスは高く評価されておりいつかはフリーになりたいという気持ちを大事にします。



    日本においては、最近注目されてきましたが、仕事のボリュームが少ないことや、内職感覚で仕事を請け負うことより一段低くみられる傾向があります。
    これを変えていくためには、フリーランス自体が役割に関する認識を変えていく必要があります。
    将来的にみて、フリーランスは一生仕事に関わる技術を身に着けていることで、企業になくてはならない存在になることが必要です。
    代替可能な存在である限り、企業は積極的に使おうとは考えず非正規の社員を雇おうとするでしょう。
    起業を考えて会社としての組織を作っていくのも一つの方法です。

    この場合、ワンストップとしての役割を持つうえで、一人ですべての役割をこなすことは非常に役立ちます。理想的なパターンといえます。

    但し、会社組織にできるほど仕事を企業からもらえるようになるのはよほどの実績が認められているからです。



    一度トラブルが起きると請負を打ち切られることもあります。絶えず仕事が得られるように企業の担当者とは密な関係を築いていく必要があります。


    仕事をどうやって獲得していくかをクリアすれば海外と同じように高い評価を得ることができます。

    仕事の納期を確実に守るといった基本的なことを確実に処理することを忘れてはいけません。