• フリーランスの種類と内容について

    特定の企業や団体などに属さない事業者をフリーランスと言いますが、フリーランスにはさまざまなジャンルがあり、経験がなくても始められるジャンルも存在します。


    大まかなジャンル分けでは、ライター・デザイン・販売・エンタメ・ITがあります。経験がなくても始められるのはライター系のフリーで、簡単に言えば記事や文を作成する業務のことです。



    何かの説明文やコラム、ブログ執筆の代行など色々な内容を請け負って書いていきます。


    収入額は、人によって大きく異なります。



    デザイン系はコンピューターを用いたデザインのことで、サイトの構成デザインやグラフィックデザインを行っている人が多いです。



    デザイン系はスキルがあると収入に繋がりやすいとされますが、初心者でも発想力を活かせる場となります。

    販売系はインターネットを用いて販売するので店舗を借りるなどの初期投資がなく、特定の物が好きな人や目利きがある人が向いています。


    また、定期的な管理が必要になるので飽きずに続けられる人向きです。


    エンタメ系というのは動画で収益を得る方法で、技術や経験がなくても始めることが可能です。


    発信したい気持ちや注目されたい気持ちがある人向きですが、誰かや何かに迷惑をかけないように注意しましょう。


    IT系は数あるフリーランスの中でも需要があり、プログラマーやアプリ開発のエンジニアなどがいます。

    収益が高い傾向にありますが根気がいる作業になるので、IT系が好きで続けられる人におすすめのフリーランスです。
    フリーランスはジャンルにもよりますが、時間や企業又は団体組織の決まりにとらわれないことが魅力として挙げられます。
    自分の才能・経験・スキルなどが活かせるジャンルを選んで、取り組んでみると良いと思います。