• フリーランスであっても事業拠点が必要

    フリーランスは個人事業主として活動することが多く、その関係で自宅をそのまま事業拠点とするケースが珍しくありません。
    しかし、従業員を雇わないとはいえ、自宅をビジネスの拠点として使用すると、私生活を外部の人間に知られてしまう等のリスクを抱えてしまいます。



    小回りが利くのが最大のメリットゆえ、レンタルオフィスなどの初期投資が少ない事務所を選ぶ方が多く、やはり事業専用の拠点があると、安心して仕事に取り組めます。


    また、ネイルサロンなどの色々な機材を用いる仕事では、フリーランスであってもマンションの1室で営業するといった店舗経営に近い形です。

    手荷物を持ち歩くぐらいで仕事を進められる業種のフリーランスでは、共用スペースの契約でのレンタルオフィスが主流ですが、取引先への信用を高めるために個室スペースを契約する方もいます。

    せまい空間であっても専用のオフィスがあることで、同じフリーランスであっても一段高い信用を獲得できるのです。
    節税効果を考慮して会社形態にしているフリーランスも増えており、事務所の支払い分を経費として計上できることから、より積極的なビジネスにつなげています。



    いっぽう、自宅を知られたくないだけならば、レンタルオフィスの住所と電話番号だけ利用できるサービスが便利です。

    将来的に会社を立ち上げて、従業員を雇っていきたい場合は、段階的に事業拠点を拡大していくことも併せて考えておきましょう。



    必要な時に必要な空間をリーズナブルに借りられるレンタルオフィスなら、ムダなく事業拠点を確保できます。